読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームばっかりやってないで

アナログ、デジタル、両方のゲームが好きで、それらのリビドーをぶちまけるブログ。そのほかにもいろいろな雑記も。

パスカットラン

君に届け

【パスカットラン】

f:id:yau_ichi:20160310101254j:plain


以前紹介した【クレッシェンド】の作者でもあるりかちさんの創作ゲームです。
TPPで遊ばれたのですが、ゲームのシンプルさと完成度の高いゲーム性により、
瞬く間にトリテ好きの間で広まりました、
近年の創作トリックテイキングの中では間違いなく突出した傑作だと思います。
 複雑なルールでは無いので簡単に紹介させていただきます。




○プレイ、パートナー戦

4人限定のゲームとなり、2対2で行うパートナー戦です。
本来このようなパートナー戦ですとパートナー同士は向き合って座るのが普通なのですが、
このゲームではパートナー同士は隣り合って座るようにします。
トランプはジョーカーを除く52枚を使います。
ディーラーは左隣から時計回りに1人に13枚ずつ配り切ります。最後にディーラー自身に来る1枚は表向きにして他のプレーヤーに公開します。このカードのスートが切り札となります。
カードはディーラーのの手札に入れます
ゲームを始める前に、パートナー同士で、カードを2枚交換(デュプリケート)をします。
手札を整えたらディーラーの向かいのプレーヤーからリードを行います。
リードしたパートナーが右隣にいたら時計回り、左隣にいたら反時計回りにフォローしていきます。
これはリードする人のパートナーがフォローの最後の手番に来るようにしていくと覚えていただけると分かりやすいです。
トリックはマストフォローの切り札ありで行っていきます。

○点数

トリックごとに勝ったプレイヤーが何人目であったかで以下のような点数が入ります。

何人目か? 名称 点数
4人目(リーダーのパートナー) パス 4点
3人目(相手のペア) カット 3点
2人目(相手のペア) カット 2点
1人目(リーダー) ラン 1点

得点はその都度チップでやりとりしてもいいですが、無ければトリックで使ったカードを点数分だけトリックを取った人の前に伏せておいておくといいと思います。
以下のようにして全トリックを行い、得点を計算します。
規定数ラウンド行い勝敗を決定します。

デュプリケートでボイドになるようにカードを渡していき、この時点で渡したカードが「ボイドになってるよ」というサインにもなってます。
これから、うまく相手に勝ってもらうようにパスしていくのかポイントです。
トリックごとの回り順変化やパートナーが隣に座るというルールが斬新であると同時にうまく機能しているのが面白いですね。
うまくデュプリケートで相手の意思を組み取って、うまく4点を連発させることが出来ると凄く気持ちいいです。
ルールも非常に簡単ながらペア線の面白さを楽しめるゲームですオススメですよ。
詳しいルールはこちらを見てみてください。

パスカットラン


【パスカットラン】、【クレッシェンド】など、近年様々な名作創作トランプゲームが生まれてきています。
今後もこのようなゲームを紹介していきたいと思います。