読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームばっかりやってないで

アナログ、デジタル、両方のゲームが好きで、それらのリビドーをぶちまけるブログ。そのほかにもいろいろな雑記も。

オーヘル

シンプル・イズ・ベスト
【オーヘル】

f:id:yau_ichi:20160521152639j:plain


トリックテイクのビットルールにおいて様々な要素がありますが、自分の中で最も好きなビット方式は、「勝ち数を正確に当てる」分野であります。
 このビットルールの代表的ともいえるゲームが、【オーヘル】です。
元々は創作ゲームらしいのですが、ブリッジプレーヤーに大受けされてメジャーになったゲームです。
このゲームの兄弟分として【ウィザード】や【スカルキング】があります
今回はこの【オーヘル】を紹介します。


何人でも可能ですが、今回は4人用限定で話させていただきます。
トランプ1組、後ビットを表示するチップを用意します。
ラウンド毎に配られる手札が1枚、2枚、3枚…と増えていき、最後は13枚となっていきます。
山札から表向きになったらカードのスートが切り札となります。最後だけは切り札はありません。
各プレイヤーは自分が何トリック取れるか予想し、チップで取れるトリック分手で隠し、全員が決まったら一斉公開します。
そのあとトリックを行い、終了したら、宣言と合ってるかどうか確認。1トリック1点を入れ、宣言と合っていたら10点ボーナスが入ります。
これで13ラウンド行い、合計点を競います。



 なんでこのゲームが好きかというと手札が悪くてもどうにかなるからと言うことの一言に尽きるんですよね。
 絶対勝てない手札だったら、0ビットすればいいんですもんね。
 ただ、毎回的確に合ってて行かないと勝てることは出来ないです。
1回のミスが大きく響いてしまうことがあるので、ゲームとしては結構シビアの方に入るのかなと思います。
 ビットもウィザードみたいに解りやすくはありません。ウィザードとジャスパーの存在が無いため、豪快な展開があるとも限りません。
かなり精密なゲームが必要とされる部類です。
このゲームは要は「ビットの当てっこ」で凄く簡単なんですね。
しかし飽きのこない面白さがあり、ビットを確実にビットを少なくして当てる人、大きいビットを狙って勝負にいく人など人によって個性の出るのも特徴で個人的には物凄く好きなゲームなんです。
ビットやプレイの研究をすると奥深く楽しいゲームです。
ここも参考にしてください。
ヒントとして、ビットを正確に当てるゲームの場合、「勝つ数で予測する」のでは無く、「勝たされてしまう数」予測するのがいいと言うことらしいです。

mixi.jp

bordgamegeekを見てたら、オーヘル専用のビットカードを見つけました。

f:id:yau_ichi:20160607001450j:plain

うーん、欲しいぞ(笑)