読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームばっかりやってないで

アナログ、デジタル、両方のゲームが好きで、それらのリビドーをぶちまけるブログ。そのほかにもいろいろな雑記も。

メキシカントレイン なかよし村Ver

ドミノ列車、別仕様。
【メキシカントレイン・なかよし村ver】

f:id:yau_ichi:20160604205751j:plain


6月4日のなかよし村で、赤桐裕二さんのカードゲーム講座にて何故か「メキシカントレイン」を遊びました。
前に紹介したメキシカントレインとはまた異なり、非常に刺激的で面白かったのでこの場を借りて紹介します。
前回のメキシカントレインの記事はこのブログでは人気の高い記事になっています。
こちらの記事も同じように多くの皆さんに見ていただけるとありがたいです。
赤桐さんは今回はPagatに乗っていたルールを採用しています。


■人数、使用する物

2人から10人間で遊べますが、4〜8人がベストと書かれています。
ドミノを前回はW9を使ってましたが、
今回はW12を使います。
メキシカントレイン同様、共同車両+人数分のマーカーを使用します。

■手牌

裏向きにして良くシャッフルし、人数によって、以下の枚数をとります。

2人〜4人 15枚
5人〜6人 12枚
7人〜8人 10枚
9人〜10人 8枚

■プレーの原則

プレーは時計回りに行います。
目的は前回の【メキシカントレイン】同様に
自分の専用列車か共同列車(メキシカントレイン)につなげて手札をなくしていきます。


■エンジン

中央に置くダブル牌(エンジン)は最初はW12となります。
以降のラウンドはW11、W10と目が下がっていきます。
エンジンを持っているプレーヤーはエンジンを中央に置いてプレイを始めます。
エンジンを誰も持ってない場合、各プレーヤーは1枚づつ山牌から引きます。
エンジンを引いたプレーヤーが始めますが、誰もいなければ再び引きます。
これを続けた結果、山牌が人数より少なくなってしまったらやり直しとなります。

■1回目のプレイ

1回目のプレイの内容は前回と大きく異なってきます。
プレーヤーは中央のエンジンと目の目を含む牌の目を出して自分の専用車両に中央の目につなげます。
そして専用車両に繋げられる牌があったら、繋げられる牌が出せる限り何枚でも出してもいいので繋げていかねばいけません。
(相手の共同になってしまったオープン車両、メキシカントレインは該当しませんあくまで自分の車両だけつなげます。)
最初のプレイでつなぎ終わってしまった場合、プレーヤーが1回目のプレイを行ったらラウンド終了となります。
もし、エンジンに繋げる牌が無い時はパスとなり、自分の車両にマーカーを置き、オープン車両となります。
この時は山牌は出来ません。


■2回目以降

2回目以降からは自分の番では1枚しか牌を出すことが出来ません。
プレーヤーは自分の牌を自分の専用車両、相手のマーカーが置かれているオープン車両、メキシカントレインの繋げられるどこかにつなげます。
もし繋げる牌がない場合、山牌から1枚引きます。
引いた牌が繋げられる場合は即座に繋げます。繋げられ無い時は手牌にし、専用車両にマーカーを置き、オープン車両となります。
自分のオープン車両は手番の時に牌を置くことができれば解除となり、マーカーを取り除くことができます。


■ダブル


1回目のプレイではダブル牌は普通に置くことしかできません。
2回目以降からはダブル牌を出したら連続して置かないとといけません。
続けて出す場合は、2回目以降のプレイの原則に従いプレイします。
繋げられることが出来ない場合、山牌から引き繋げられなければマーカーを置いてオープン車両にします。


■緊急接続(ダブルのサティスファイ)


ダブルをプレイした後、車両の先端がダブルがある場合はオープンであるか無いかに関わらずそこに繋げることを優先しなければいけません、
つまりそこに繋がなければいけない特殊な縛りが発生します。繋げなければ山牌を引いてダメならオープンになり、次のプレーヤーに移り、
誰かが繋げられるまで続きます。
ちなみに2箇所以上発生する場合がありますが、その場合はどちらにつないでも構いません。
前回ではこのことを「緊急接続」と呼んでましたが、赤桐さんは「ダブルのサティスファイ」と呼んでいました。

■ラウンドの終了

誰かが手牌を全て置き切るか、全員が山牌を全部引ききっても出せなくなった場合にラウンドは終了します。
各プレーヤーは手牌の目を合計し失点とします。
13ラウンド行い、失点の数を競います。
13ラウンドは長いので、途中で止めたりとかラウンドを飛ばしてもいいです。


このバージョンの特徴は手牌が切れてオープンになりやすくなる点ですね。
1回目で繋げられる牌を全て出し切ってしまうので、2回目以降からは繋げられる事が出来ないことが多いです。
残り3枚でも繋げられることが出来なくて気がついたら手牌が増えていた。なんてことがあります。
結構オープンになりやすく予定どうりに専用車両におけることもままならなくなります逆に上手く利用できさえすれば早く上がれることもできるわけです。


こっちのゲームもオープンのゲーム会で遊んで試したいと思ってます。
遊んでみたいと思ってる方がいらっしゃったら是非、遊んでみてください。