読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームばっかりやってないで

アナログ、デジタル、両方のゲームが好きで、それらのリビドーをぶちまけるブログ。そのほかにもいろいろな雑記も。

ピッグテイル

子供の遊びを辛くアレンジ
【ピッグテイル】

f:id:yau_ichi:20160521151723j:plain

【ピッグテイル】は【ぶたのしっぽ】とも言われトランプの本には昔から出ているゲームです。
【神経衰弱】、【ババ抜き】【七並べ】、と立ち位置が同じぐらいだ。と昔友達が話していたことがあります。
そんな【ピッグテイル】ですが、大人でも楽しめる様なアレンジがされています。
子供向けゲームを大人でも楽しめるアレンジにしてあるのは【チキンフット】もそうですね。
こういう子供ゲームを辛くアレンジしたのって、好きだし何処を改良したか調べるのが楽しいんですよね。
■人数

人数は4人、6人、8人 10人偶数人限定になります

■トランプ

トランプはジョーカー以外の52枚を用意します。
8人でしたら、トランプを2デッキ用意します。
10人の場合、さらに2デッキ分のジョーカー4枚を追加した方が良いでしょう。
ジョーカーは1デッキに2種類あるので、どちらかを赤スート、どちらかを黒スートにするか決めましょう。
まずトランプをよくシャッフルし、扇状に広げます。


■プレイ

最初のプレイヤーは好きな所からトランプをめくり場の中央に置きます。
左隣のプレイヤーも同じ様にめくりますが、同じ色(赤か黒)か同じランクをめくった場合、場のカードを引き取り手札にしなければいけません。
自分の番の時に手札があった場合そこから出すこともできます。
違う色の異なるランクのカードを出して引き取るのを防ぐこともできますしワザと同じ色、ランクを出して引き取りこともできます。
こうして全部の札がめくられたらお終い。
手札の一番少ないプレイヤーが勝利となります。

ルールはこれだけなのですが、凄く悩ましく出来てます。
人数が偶数になることによって

四人の場合最初の人が赤を捨てたとしたら
赤、黒、赤、黒と周りが固定されます。
 誰かが引き取るまで、同じ色のスートを永遠に出さなければいけなくなってしまうからです。
あと、個人的な経験ですが、
前手順の人はゲーム中、同じ色のカードを一貫して出してくることが多いので、片方のスートが一方的になり苦しくなる展開が多くなります。
序盤に場札が少ないうちで引き取って、後半引き取らないように手札を固めていき、いつぐらいから手札を出していくのか
そのタイミングの駆け引きに翻弄されます。
ここら辺の感覚は日本版が出た【エスカレーション】というゲームに個人的には近いかなと思いますが、どうでしょうか??

【ぶたのしっぽ】は色々なバリエーションがありますがこれが一番面白いと思います。
ルールも簡単なので試してみてください。