ゲームばっかりやってないで

アナログ、デジタル、両方のゲームが好きで、それらのリビドーをぶちまけるブログ。そのほかにもいろいろな雑記も。

ポーカー・ブル

ブラフとポーカーの悪魔合体

【ポーカー・ブル】

f:id:yau_ichi:20170511194157j:plain


ブラフの日本語版が販売されるそうです。

ブラフはサイコロを使用するブラフゲームの傑作で
元はラテンアメリカ発祥のDUdoというゲームが発祥となっています
以前は【ライアーズダイズ】という名前でも売られていて、
古い人ではこの名前で呼ばれています。



今回は日本語版が販売されるこのタイミングに乗じて、
この間なかよし村で遊んで面白かった、
トランプを使うブラフ【ポーカー・ブル】を紹介しましょう。
ルールの元はPagat.comに紹介されているのですが、発祥元は全くの不明だそうです。

www.pagat.com

実際に元サイトを見てみましたが、主な紹介だけで特に詳しいことは書かれてませんでした。

■人数

5人~8人がベストとされています。
3人、4人でも遊ぶことは可能です。
11人でも遊んでみましたが問題なく遊ぶことができました。


■用意するもの

トランプ1組 52枚
カウンター用としてチップを人数分×5枚を用意してください


■目的

1人負けを決めて4回負けてしまうと脱落となってしまいます。
脱落せずに最後まで残ることを目指します

■役、ランク

このゲームでは役の宣言を行いますが、役によって強弱があります。
数が大きいほど強い役になります


1)1枚

1枚のカードの数になります    

例)7が1枚   Kが1枚

2)ワンペア

同じ数字のカードは1組ある組み合わせ   

例)8のワンペア  Aのワンペア

3)ツーペア

同じ数のカード2枚が2組の組み合わせ、お互いの組は別々の数になります

例)   5と9のツーペア   Aと2のツーペア

4)同じ数のカード3枚の組み合わせ

例)  3のスリーカード   Qのスリーカード

5)フルハウス  

同じ数のカード3枚と同じ数カード2枚の組み合わせ
それぞれの数を宣言します。

例)   3が3枚と2が2枚のフルハウス  Qが3枚とAが2枚のフルハウス

6)フォーカード

同じ数4枚のカードの組み合わせ

例)     5のフォーカード   Jのフォーカード

7)ストレート・フラッシュ

同じスートの5枚の連番札。 役を構成している全ての数字とスートを言う
(順番は A、K、Q、J、10、9、8、7、6、5、4、3、2、A ただし2-A-Kとは続かない)

例)スペードの8、7、6、5、4のストレート・フラッシュ(♠︎8-7-6-5-4)
   ダイヤのA、K、Q、J、10のストレート・フラッシュ(♦️A-K-Q-J-10)

普通のポーカー役に対して
キッカーの代わりに1枚役
ストレート、フラッシュが存在しない

というのが違いです。

また同じ手役の場合、役のカードの数字の強さによって変わります。

強さは強い順から A>K>Q>J>10>9>8>7>6>5>4>3>2


なお、同ツーペアの場合では、高いベアのランクを比べ、同じならもう片方のペアを比べます。
フルハウスの場合は、3枚組の方から優先してカードを比べます
ストレートフラッシュは一番高いカードで比べます。
このことより最弱の役は「2が1枚」
最強の役は「Aのストレート・フラッシュ」
となることがわかります。


■最初のディール

最初は任意の方法でディーラーを決めます。
ディーラーはシャッフルした後、時計回りに各プレーヤーにチップを1枚づつ配ります。
次にカードを1枚づつ配ります。

■宣言

宣言はディーラーの左隣から行い時計回りに回ります。
宣言するプレーヤーは、
全員に配られたカードを全て合わせて出来るであろう役を宣言します。
ただし、前のプレーヤーよりも必ず強い役でなければいけません。

■チャレンジ チャレンジの確認

自分の番の時前のプレーヤーの宣言した内容が間違ってると思ったら、
ブラフ(またはチャレンジ)と宣言します。
グラフの宣言がされたら、全員の手札を公開し宣言通りの役ができてるかどうか確認します。

宣言通りの役ができている場合→ブラフ宣言したプレーヤーが負け、チップを1枚受け取ります。
宣言通りの役だできていない場合→役の宣言したプレーヤーの負け、チップを1枚受け取ります。

宣言されたものがより強い役か、同じ役でよりランクの高い数字であったとしてもそれは成功ではありません。
宣言と同じ役かつ同じ数字の組み合わせがなければ成功とはなりません。

■以降のラウンド

負けたプレーヤーがディーラーとなり、各プレーヤの手前のあるチップの枚数だけカードを配ります。
もしディーラーのチップが5枚あった場合、そのディーラーは自分以外のプレーヤーに配り、
そのゲームから脱落となります
以降を繰り返し、1人になるまで繰り返し、残った一人が勝者となります。

何回か遊びましたが非常に面白かったです。
本家の【ブラフ】よりも予測ができない要素が多いので
非常に盛り上がることができるゲームだと思います
負けてしまうと手札が増えていき、それに従って役がエスカレートしていきます。
しかし1人でも脱落してしますと手札の枚数が一気に少なくなるため
役が抑えめになっていきます、この役宣言の浮き沈みの激しさがこのゲームの面白さとも言えます。
2人で残った時も非常にロジカルな勝負になっていくので
【22】同様に、途中でやめないで最後まで遊んでもらいたいゲームと言えるでしょう。
ポーカー役を全員知ってないといけないというのがありますが、
是非ともトランプ好きには遊んでもらいたいゲームです

※追記
ポーカーブルのまとめができたようです
ここも参考に。

https://togetter.com/li/1117132

広告を非表示にする