ゲームばっかりやってないで

アナログ、デジタル、両方のゲームが好きで、それらのリビドーをぶちまけるブログ。そのほかにもいろいろな雑記も。

ゲス・イット

冴えろ!一瞬駆け引き


【ゲス・イット】

f:id:yau_ichi:20171209232441j:plain

お久しぶりです。



最近の事情ですが、
新地に行ったのですが、
残念ながらなかなか
新しいトランプゲームを知る機会に恵まれてない、
というより試せてないのが現状です。
なぜか風土的な問題なのか
全体的に新作のしかも重量級ボードゲームにしか
興味を持ってもらってないみたいで
オープン会ではトランプは蚊帳の外って感じです。

もともとそこまで焦ることはないのですが、
新しくトランプゲームが遊べる土壌ができない以上、
ストックができずにやきもきしています。
悪戦苦闘はしてますが、
どうしたもんでしょうかね、くっそう。

気分転換で
今回は2人用の簡単なゲームを紹介して見ます。

短時間で勝負決まるゲームですので
親子で気が向いた時に遊ぶのがいいかもしれません。

Rufus Isaacs氏によって作られた簡単なブラフゲームです
おそらくこのブログに中では
最も簡単なルールなのではないかと思います。
とはいえ(えげつない)大人どうしてやると、
一瞬のミスが命取りになるキリキリとした心理戦が味わえるゲームです。


短時間で紹介できるゲームを今回紹介します。

▪️人数

2人

▪️用意するもの

トランプ1スート13枚

▪️ディール

任意の方法で親を決め、
親は両者に6枚づつ配り、
残りの1枚は中央に置いておきます。

▪️プレイ

子から手番を始めます。

手番でできることは2つあります

1つは手番のプレーヤーは相手にに向かって、
「⚪︎はありますか」と答えます。
(⚪︎にはランクが入ります)

相手はこの答えに対して「はい」「いいえ」
のみで答えます。
この答えは嘘を言ってはいけません。

ただし、手番のプレーヤーは
「⚪︎はありますか」という質問に対しては
自分の手持ちのカードを言っても構いません。
ここら辺で発生するブラフの駆け引きが
このゲームの要になっています。

もう1つは中央のカードのランクを
「これは⚪︎です」と当てに行きます

宣言したのち、中央のカードを表向きにして
合っていたら手番プレーヤーの勝利
合ってなかったら相手のプレーヤーの勝利となります。

それでけです

一瞬で勝負が決まってしまう面白さがあり
昔出ていた格闘ゲームブシドーブレード
を思い出しました。わかる人いる?

実際に持っているカードを言って相手をブラフに誘うか、本当のカードを宣言して勝負をかけるか勝負は一瞬で決まります。
結構瞬間で終わるゲームなので
何勝先取かにして遊ぶのがいいのかもしれません

ジャンケンのような面白さがあります
このゲームを調べていたらアプリも見つけたので掲載をしておきます。


freelyapps.blog.jp